まずは法律家に相談することから

業務委託の解約をしたいという状況になった時、一番にすべきことは法律家への相談でしょう。仕事をする上で、始める前と後では、その仕事に対する感じ方が違うというのは良くあることです。業務委託でもそれは同じで、契約期間の途中で仕事を辞めるという選択をする人は少なくありません。ただ、一般的な雇用契約とは契約方法が違う為、色々と注意すべきことがあります。
まずは、契約書に解約する時の条件が記されているかです。すんなり話がまとまる場合もありますし、条件の記載がないことも考えられます。また、記載があっても、法律上どのような解釈になるのかを判断するのは難しいです。その為、専門的な知識を持った法律家へ相談するのが無難と言えるわけです。近年では、業務委託と称して違法な契約をしている場合もありますから、その点についても相談して、その後の行動についてアドバイスをもらいましょう。
民法上、どのようなケースであっても、解約する権利というものは認められています。しかし、それによって相手が何らかの損害を受けたということで、損害賠償を請求されることもあるので、注意が必要です。契約内容によって、その人が取るべきベストな方法というものは変わってきますから、絶対的な解決策があるわけではありません。相手と合意するために何が必要かという判断も必要になりますし、最近は、無料で相談できる場所もあるので、上手く活用することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です