業務委託の自由度とリスク

ここ数年、業務委託を受けることによって個人事業を行っていくことを考える人が増えてきました。独立して起業するということが流行してきたことによって、その担い手が急増している状況があります。業務委託を受ける際に契約上の自由度が高いことから、個人事業を行う際にもその事情に応じて契約内容を考えていくことが可能であり、様々なクライアントを相手にして事業を行っていきやすいというのがメリットと言えるでしょう。
一方で、契約の自由度が高いというのはリスクが高いというのは事実であり、契約についての法律的な理解があまりない状態で個人事業を立ち上げてしまうことが多くなっています。契約が合法か違法かということを判断できずに委託を受けて働いてしまっている状況が増えているのも個人事業主の特徴です。こういった問題は仕事の内容や報酬に関するものだけでなく、契約の解約についても該当します。不当な契約であればそれを解約したいと考えるものですが、それに際して契約内容を見ると莫大な違約金が必要になるような規定が定められていたりする場合もあるのです。それが契約だからと主張されてしまうと鵜呑みにしてしまう個人事業主も少なくないことから依頼をしている側も強気になってしまっているという状況があります。こういった形で知識不足の個人事業主が業務委託を受けるという状況が増えてきてしまっているのが特徴となっており、個人事業主の教育支援が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です